補助金・助成金について

2021年度 出雲市定住促進住まいづくり助成金 のご案内(リフォーム補助金)

出雲市では、住宅のリフォーム工事で、工事費50万円以上(税込み)の工事に対して、工事費の10%で上限10万円の助成金があります!

募集期限は2022年3月11日(金)まで。  *ただし、先着順で予算額に達した時点で終了です。*既に着手している工事は対象となりません。

対象住宅は、自ら所有し、居住している出雲市内の家屋になります。

対象区分は、子育て世代世帯・三世代同居、近居世帯・真意二世代同居世帯・新婚世帯・空き家バンク登録住宅購入世帯になります。  ***詳細ありますので確認してくださいね!

対象工事は、屋根・外壁改修、雨樋の取替え、フローリング・クロス等の貼り替え、床暖房設備、浴室・トイレの改修、畳・襖・障子・サッシ・建具の設置、取替え・下水道等排水設備工事・電気等設備工事、システムキッチン・流し台・洗面台設置・給湯器、等ありますよ。

申請資格の確認、申請の際の提出書類も必要となります。
申請手続きは、有)日野工務店でお手伝いをしますので、もし助成金を使用されたい方は是非ご連絡くださいね(*^^*)

2021年度 しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム助成事業のご案内

島根県では、しまね長寿・子育て安心住宅リフォームとして、

‘’①子育て負担の軽減や、安全で安心な子育て環境を整備するため‘’ 
’’②高齢者等が安全で快適に暮らせるようにバリアフリー化するため’’ 
 の工事費の一部を助成する住宅リフォーム助成事業を実施しています!!!

①子育て配慮改修…18歳未満のお子様、妊娠中の方がおられる世帯 
②バリアフリー改修…60歳以上または、身体障害者の方が居住する住宅 

①または②のどちらか一方を使って、改修工事費の1/3の額(見積金額30万円以上)で、30万円を上限として助成します。

そして!次の条件に該当する場合…
・子育て世帯とその親世帯が同居・近居する場合(工事完了後でも対象です) +10万円
・空き家バンク登録住宅を購入して改修する場合                +10万円   
・一定の耐震改修を行う場合(昭和56年5月31日以前に着工された住宅)     +30万円    
 基本助成額に加算額を加えた額を上限として、対象工事費の1/3の額を助成します。

●募集期間●
令和3年4月1日~令和4年2月15日(予算がなくなり次第、受付は終了。令和4年3月15日までに完了予定のものに限る。)

●補助金助成対象●
〇島根県内の既存の一戸建住宅。
〇子育て配慮改修を行う場合は、子育て世帯が居住、または近居の住宅であること。
〇過去に同じ内容の補助を受けていないこと。
〇昭和56年6月1日以降に建築されたものであること。または改修後に上部構造点が1.0以上であること若しくは県が定める部分的な耐震改修に係る技術基準に適合すること。

●助成の対象となる工事●
①子育て改修…子育て世帯が安全で安心して生活できるうように、子供の様子を把握しやすい間取りに改修したり、キッチンやリビングの広さと使いやすさを確保したり、子供の成長に合わせて個室を確保したり…

②バリアフリー改修…整備基準が設けられています!
お風呂、キッチン、トイレなどの水廻りの改修や、床の貼り替えなどのリフォームが対象となります。
但し、整備基準があります。日常生活空間の床に段差があればステップやスロープで段差対策し、階段などの指定の箇所に手すりを設置すること、寝室やトイレ及び浴室の広さが確保されている…などいくつかの要件(設備基準)があります!

①②の工事例は一例ですのでまだまだ対象となる工事があります!!

わからないことがあれば、島根県建築住宅センターのホームページ ''しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム’’をご覧ください!(^^)!

上記の助成事業を利用した住宅に対してリフォームローン貸付金利の引き下げがうけれます。(金融機関など詳しくはご相談ください)

手続きなど、不安があると思いますが、事務員兼営業の松浦が代行して行いますので安心してくださいね(*^_^*)
チェックシートもありますので対象となるかどうかもわかりますよ!!

ぜひリフォーム補助金を使ってこの機会にリフォームされてはいかがでしょうか♪

 

ページトップへ